教育・研究分野とその内容
講  座
教育研究内容
機能物質化学

光によって生成する活性中間体を利用した分子変換法および金属錯体の光触媒能と環境浄化への応用に関する教育研究分子集合体の構造・機能制御による抽出分離と反応場への応用および機能性微粒子の調製と機能制御法の開発に関する教育研究無機および高分子ナノチューブ材料の合成と燃料電池への応用および機能性セラミックの合成と評価に関する教育研究

資源環境化学

生理活性物質を合成するための新しい分子変換法の開発およびバイオマスの変換による環境制御材料の開発に関する教育研究化学工学を基礎とする環境保全・物質循環を考慮した反応分析,反応操作設計,機能材料調製と応用技術,化学プロセス設計などの教育研究ナノ制御した表面を持つ固体触媒の合成と選択酸化反応への応用に関する教育研究

生物物質化学

生物工学を基礎とする生体触媒・生物機能による物質変換,環境修復保全および環境調和型機能物質生産,並びに生体高分子の構造・機能性の解明などに関する教育研究

入学者受入方針へ

履修モデル

履修モデル区分 専攻共通必修科目 各履修モデルの指定科目 選択科目
材料化学
を基本とする
履修モデル
●材料化学特論
●機能化学特論
●物質化学特論
●生物工学特論
●物質環境化学
  特別セミナー
●物質環境化学
  特別研究第1
●物質環境化学
  特別研究第2
無機材料化学特論
機能材料物性論
分光分析特論
知的資産管理と技術者倫理自専攻(物質環境化学特別講義1・2を含む)及び工学研究科の他専攻で開講している科目(固体表面工学、材料工学特論、結晶解析学及び光エレクトロニクス材料工学)から選択して履修
機能化学
を基本とする
履修モデル
分離機能材料工学
分離機能化学特論
反応操作特論
知的資産管理と技術者倫理自専攻(物質環境化学特別講義1・2を含む)及び工学研究科の他専攻で開講している科目から選択して履修
物質化学
を基本とする
履修モデ

機能有機分子反応論
光機能化学
光触媒化学
知的資産管理と技術者倫理自専攻(物質環境化学特別講義1・2を含む)及び工学研究科の他専攻で開講している科目から選択して履修
生物工学
を基本とする
履修モデル
生体触媒工学
環境生物工学
生物環境化学
的資産管理と技術者倫理自専攻(物質環境化学特別講義1・2を含む)及び農学研究科応用生物科学専攻の科目(生物機能化学特論、微生物遺伝子工学特論、微生物機能開発学特論および食品栄養化学特論)から選択して履修