実験器具の基本操作

レポートの表紙はこちらから

駒込ピペット
おおよその体積の液体を測り取るのに使われ、少量の溶媒や試薬溶液を採取するときに使用する。目盛りは目安であり、大まかな計量で良い場合に役立つ。

安全ピペッター
有害物質や揮発性物質を含む溶液をホールピペットやメスピペットで採取する場合に使用する。

ホールピペット
ピペットの中で最も精度が高いため、定量分析によく使われる。ホールピペットは一定量正確に秤量することができ、高い精度を必要とする滴定等の分析実験に使用される。

メスフラスコ
精度を要求される分析実験で使われる。例えば、溶質を溶媒にとかして正確な定量濃度の溶液を調製する場合や、試験溶液を正確に希釈する際に使用する。

ビュレット
滴定実験で滴下した溶液の体積を測定する器具である。細長く破損しやすいので、取扱に注意すること。

メスシリンダー
一般的な化学実験で溶液の採取に用いられる。

ブンゼンバーナー


分液ロート


ひだ折りろ紙
表面積が大きいため、ろ過速度が著しく速くなる。固体の回収利用を行わない場合に利用することが多い。

吸引ろ過
吸引ポンプでろ液受器内を減圧にし、ろ液を促進させるろ過法。
動画資料
見たいものをクリック↓
1. 駒込ピペット 2. 安全ピペッター
3. ホールピペット 4. メスフラスコ
5. ビュレット 6. メスシリンダー
7. ブンゼンバーナー 8. 分液ロート
9. ひだ折りろ紙 10. 吸引ろ過


レポートの表紙について

実験レポートは、各自該当する実験のpdfファイルをダウンロードして印刷し、
所定の事項を記入してレポートの表紙としレポートを作成します。

物質環境化学実験I

物質環境化学実験II

物質環境化学実験III

基礎化学実験(材料物理工学科・電気電子工学科・機械システム工学科向け)


『物質環境化学実験I』、『物質環境化学実験II』、『物質環境化学実験III』のテキストを
1冊の実験書としてまとめました(2005/10/1より)。