物質環境化学科の沿革

昭和19年5月5日 宮崎県高等工業学校開校・化学工業科(定員40名)

昭和19年8月29日 校名改称 宮崎県工業専門学校

昭和24年5月31日 宮崎大学工学部として新発足・工業化学科(定員30名)

昭和33年4月1日 工業化学科、定員40名

昭和34年4月1日 工学専攻科・工業化学専攻(定員15名)設置

昭和51年4月1日 大学院工学研究科(修士課程)設置・工学専攻科廃止

昭和61年4月1日 工業化学科、定員45名

昭和61年8月 工学部移転

昭和62年4月1日 工業化学科、定員50名

平成2年4月1日 工業化学科、定員70名

平成4年4月1日 旧応用物理工学科とともに物質工学科(定員115名)学科改組

平成8年4月1日 大学院工学研究科博士課程設置(博士前期課程 物質工学専攻定員20名、博士後期課程 物質エネルギー工学専攻定員6名)

平成9年4月1日 大学院工学研究科博士前期課程 物質工学専攻定員30名

平成11年4月1日 物質環境化学科(定員70名)に学科改組 

平成13年4月1日 編入学定員を2名とし,物質環境化学科の一般入学定員を68名とする

平成17年5月12日 JABEE(日本技術者教育認定機構)から認定

平成19年4月1日 大学院農学工学総合研究科(博士後期課程)設置(資源環境科学専攻定員4名、生物機能応用科学専攻定員4名、物質・情報工学専攻8名)

現在に至る

前のページに戻る。