製品開発ルール

3. 製品開発ルール 実行委員会より開発に使用する試薬品目とそれぞれの単価が規定されており、
参加チームは自分たちの開発計画に応じて必要試薬を委員会に発注します(但
し、本当にお金を請求しません!)。各チームはまず、規定品目として1個当た
りの製品価格40円以内、達成温度70℃以上のカイロを開発します。次に、独自
の製品性能を持ったカイロ(製品単価制限なし)を開発します。さらに、これ
らの開発経費の総額として1500円という上限を設定します。
また、開発したカイロには各高校チームで製品をアピールするための製品ロゴ
マークも作成し公開します。

前のページに戻る。