物質環境化学科の理念・目標

(1)学科の理念及び使命
 化学における基本原理の探求から先端技術開発にわたる学術研究を通じて、人類が解決しなければならない課題に対する物質環境化学の役割と使命を果たす。地球環境や生態系を保全する物質・資源・エネルギーの製造及び循環プロセスに関する知・技の創造と継承を図り、それに関わる人材育成に貢献する。

(2)教育の理念・目標
a)教育理念
 生命科学、情報技術及び新素材に代表される21世紀の科学技術の発展を支え、その基盤となる化学、化学工学及び生物化学の基本・基礎を修得させる教育を行う。また、化学物質の開発、生産及び利用の応用知識を、自然界や生体への影響、省エネルギー、資源循環再利用など環境調和の考え方を重視して教える。
b)教育方針
 教養教育では、社会の構成員として必要な一般的な知識と素養を養い、広く社会に目を向けられる視野を持つ学生を育成する。日本語及び英語でコミュニケーションできる基本的能力の育成を重視する。 学部教育では、化学の基礎・基本知識を身につけ、化学及び関連する分野で活躍できる人材の養成を目指し、以下の方針のもとに教育を行う。
 @ 化学、化学工学及び生物化学の基本・基礎知識をしっかり身につけた人材を育成する。
 A 自然との共生や環境との調和や社会への貢献の視点を持ち、科学倫理観を備えた人材を育成する。
 B 身につけた化学の基本・基礎知識を問題解決に柔軟に応用できる人材を育成する。
 C 自ら課題を見つけ解決する能力を社会生活の中で発揮できる人材を育成する。
 D 実験や観察などの結果を考察し、正しく明瞭にまとめ伝える科学的方法論を身につけた人材を育成する。
 E 産業界で化学、化学工学及び生物化学の技術者として活躍できる知識と応用力を身につけた人材を育成する。