酒井 剛 (機能物質化学講座・准教授)

主な研究テーマ 研究内容、最近の研究成果および
共同研究・受託研究等の推進状況等
キーワード
金属及び金属酸化物ナノ構造体の合成とエネルギー変換デバイスへの応用

貴金属ナノ構造体の無機および高分子担体への高分散担持法の開発

金属酸化物のナノからミクロンレベルでの形態制御と電池材料への応用

金属酸化物の形態制御による半導体ガスセンサの高性能化

貴金属や金属酸化物をナノレベルからミクロンレベルで形態制御することで、材料の物性変化や、新規物性の発現が期待される。我々(木島教授・酒井助教授グループ)は、材料をナノレベルで制御したいわゆるナノ構造体を創製し、それらを用いて、燃料電池や二次電池などのエネルギー変換デバイスおよび半導体ガスセンサなどの信号変換デバイスへ応用している。

具体的には、白金ナノ構造体を用いた燃料電池用電極触媒の開発、水酸化ニッケルナノ・マイクロ構造体を用いた二次電池用正極材料の開発および酸化スズマイクロ粒子を用いた高性能半導体ガスセンサの開発などについて研究を進めている。

ナノ構造体

燃料電池

エネルギー変換

二次電池

半導体ガスセンサ


一覧へ戻る