taiken

『公害防止管理者』を受験して

合格者には合格証が送られてきました!



合格者の体験談

平成15年度入学

廣瀬加奈子さん

夏休みの8.9月を利用して、公害防止管理者の勉強をしました。最初のうちは、勉強 もはかどりましたが、何日かすると分厚い問題集が嫌になってきました。しかし、こ のように嫌になったとき、合格したときのことをイメージしてみると、合格したら、 うれしいだろうなあ、やっぱ、頑張ろうと思え、途中で投げ出す事無く、試験の日を 迎えることができました。嫌になったら気分転換をして、とにかく毎日少しずつでも 続ける。それが合格につながったのだと思います。
平成17年度大学院入学

金井祐基くん

私は1ヶ月間全力で勉強しました。もっと早くからやればよかったとちょっと後悔しま した。勉強方法は、「公害防止管理者国家試験 エッセンシャル問題集」を一通り読み ながら問題を解いていき、その後は過去3年間の過去問をひたすら3回ほど解きました。 過去問を解いて傾向をつかむことが重要だと思います。エッセンシャルは分かりやすく、 問題のレベルも過去問以上であったと思いました。エッセンシャルが解ければ、過去問 もだいたい解けました。しかし、過去問ではエッセンシャルにない表記、問題も出題さ れるので、そこはエッセンシャルに書き込んで一冊にまとめていきました。「公害防止 の技術と法規」は買いましたが、結局ほとんど使いませんでした。
平成17年度大学院入学

小玉亜季さん

今後の就職活動に備えて何か武器になる国家資格を取りたい、今勉強していることが活用できる資格が取りたいという気持ちから水質一種の受験を決めました。勉強を始めたのは7月ですが、8月いっぱいまでは学校での講習会に出ている時間のみテキストにふれる日々が続き、真剣に暗記及び問題に取り組んだのは9月からの一ヶ月間です。勉強時間が短かったため、演習と復習の繰り返しに徹しました。受験を終えて、過去問の反復演習の重要性を感じました。短期集中になり、試験直前までバタバタになりましたが、合格証書を受け取った時はやはり努力が報われてうれしく感じました。今後受験を考えている方、やはりコツコツ勉強するのが一番です。合格して、目標の達成感を味わってください!!
平成14年度入学

河口恵子さん

私がこの試験を受けようと思った理由としては、内定をいただいた会社からこの資格を取るように言われたからです。このように仕事や就職活動する上で、この資格を持っていると役に立ちますのでぜひ取っておきましょう。そして、もし試験に挑戦するなら出来るだけ3年生の内に取ることをお勧めします。4年生やM1のときは実験が忙しくてあまり勉強する時間はありませんよ〜。
 では、次に勉強方法についてアドバイスしようと思います。
 (1)勉強は最低2ヶ月前には始めるべし
 (2)最初は問題集(エッセンシャル問題集など)を2回は読むべし
 (1)(2)が済んだら過去問や問題集の問題をひたすら何度も解くべし(問題のパターンやよく出題されるところは必ずおさえとくべし)
 (3)、(1)(2)をきちんと守って勉強すれば必ず合格できます。頑張って下さ〜い。
Back